プログラミング

『git clone』と『git pull』の違い : Git初心者

git 基礎 プログラミング

こんにちは、きびなご(@kibinag0_blog)です。

今回は、Git初心者が確実に疑問に抱くであろう『git clone』と『git pull』の違いを解説していきます。

えー、どっちもリモートレポジトリからディレクトリを取得するものでしょー。って感じですよね。でも使い所が全然違うんです。それでは、解説。

 

「git clone」と「git pull」の違い

 

このプログラマ用のyahoo知恵袋みたいなstackoverflow (英語)がめちゃくちゃ参考になったのでちょっと引用します。

  • 英語版

    • git clone  Get a working copy of the remote repository.
    • git pull  I am working on this, please get me the new changes that may be updated by others.

 

 

英語ワカラナイ。って人はきびなご訳で。

  • git clone → リモートリポジトリにあるもののコピーを取得する
  • git pull → 今ローカルリポジトリで作業中だよ。でも他のチームメンバーがリモートリポジトリに更新加えただろ。その更新を取得して私のローカルリポジトリに反映したまえよ。(ちなみに git pull は git fetch と git merge を合わせたものでもあるもみたいです。)

ってこと。

つまり、git cloneはリモートのリポジトリをそのままコピーして取得するのに対し、git pullはリモートで更新された部分を自分のローカルリポジトリに反映させることができるんですね。

 

「git clone」と「git pull」の使いどき

 

きっとgit clone, git pullの使いどきをしっかり理解するとその違いがイメージしやすいかと思います。

 

  • git clone の使い道 → 最初の一回だけ。リモートのリポジトリをそのまま新規作業リポジトリとして、コピーする。
  • git pull の使い道 → プロジェクト進行に連れて複数回使用する。具体的にはリモートで他の人が更新したら、その更新を取り込むためにgit pullで自分のローカルに反映させます。

 

この使い道でgit cloneとgit pullの違いをイメージしやすくなったでしょうか。

 

「git clone」と「git pull」を流れで理解する

 

それでは、最後にちゃんとしっかり理解できるように、プロジェクトの流れでその違いを追っていきましょう。

  1. プロジェクトの参加決定 !
  2. それでは作業開始。リモートレポジトリから作業用コピーをとる。(git clone)
  3. ここで自分のパソコンに作業用コピーができました。
  4. 作業しましょう。作業、作業、作業。
  5. あ、同じチームのAさんがリモートで変更加えたみたい。
  6. それじゃ、git pullでその変更を自分の作業用コピーに反映させよう。
  7. git pull ! これで反映できた!
  8. それじゃ、続きの作業、作業、作業。
  9. あ、今度は同じチームのBさんがリモートに変更を加えたみたい。
  10. これも自分のローカル作業ファイルに反映させなきゃね。
  11. git pull ! これでBさんの作業した部分も追加できたぞ。

 

みたいな流れです。とてもとてもざっくりですが、基本的にgit clone で最初にローカルに落とす。そして、git pullでリモート上の更新をローカルに反映させていくみたいなイメージです。

ちなみにgitの基礎はこちらに書いてありますので、よかったらぜひ。

https://qiita.com/kibinag0/items/ec6583e4e7608c4d2add#github%E3%81%8B%E3%82%89%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%99%E3%82%8B



月額5,980円で英語力がぐんぐん伸びるDMM英会話!


TOEIC975 取った僕もこれでスピーキング、リスニング力 格段に上がりました。


今なら体験授業が2回無料です!



僕が選んだ米国公認会計士講座はコチラ。資料請求してみてね!

資格の大原米国公認会計士講座

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です