お金

最近よく聞く、”ふるさと納税”ってお得なの?【初心者向け】

ふるさと納税 お得 税金

こんにちは、きびなご(@kibinag0_blog)です。

みなさん、ふるさと納税って知っていますか?

ツイッター上でも『ふるさと納税でこんなに得した!』っていう声がちらほら挙がってきていますよね。

こんな感じで、むしろ ふるさと納税をやらない理由が分からない。絶対にお得な制度という声が圧倒的多数なようです。

なので、この記事では ふるさと納税ってどんな制度なのか、なぜふるさと納税がお得なのかを解説していきます!

『ふるさと納税』とは?

 

そもそも、ふるさと納税とは、どのような制度なのでしょうか?

とりあえず各地方自治体に納税したら、その地方の美味しいものとか有名なものが貰えて、納税額が減額されるんでしょ? っていうイメージを持つまでは、さほど難しくないでしょう。

しかし、実際その仕組みはどのように機能しているのか。具体的にどのような流れでふるさと納税が成り立っているか。その詳細まで知っている人は、多くない気がしています。

ここでその定義を明確にしておくと、

ふるさと納税とは、、、

実際負担する金額が2000円で、自分の好きな地方自治体に寄付することができ、そのお礼として、食べ物や生活用品などを返礼品として受け取れる制度です。

そして、その寄付した金額は、所得税や所得税から控除することができるのです。

 

ふるさと納税の流れ

なるほど!仕組みは分かった。

でも、そのふるさと納税は具体的にどのような流れでやっていくのでしょうか。

簡単にまとめると、以下の6ステップになります。

  1. 寄付する自治体、そして、返礼品を選ぶ

    さとふる楽天ふるさと納税ふるなびなどで、どの返礼品をもらうかを選びます。
  2. 寄付する(ふるさと納税)どの地方自治体に寄付するかを決定したら、申し込む。
  3. 返礼品とを受け取る申し込みが終了すると返礼品が送られてきます。
  4. 寄附金受領証明書が送られてくる寄附金受領証明書は、返礼品が送られてきた数ヶ月後に発送されます。確定申告に必要になってくるので、必ず大切に保管。
  5.  税金の控除を受ける確定申告で税金の控除を受ける。ただし、会社員などでふるさと納税のみ確定申告が必要な場合は、簡易的なワンストップ特例制度を受けることができる。

 

控除される上限金額

次に注意したいのが、控除される上限金額です。

自分が納税している額以上の税金控除を受けることは出来ませんからね。

例えば、年間50万円の住民税や所得税を払っている中で、60万円の税金控除を受けることは出来ません。30万円でも、さすがに多すぎます。

なので、自分の年収から見て、最大何円の税金控除を受けられるかを以下の表で把握していくことが大切なのです。

本人の収入ふるさと納税を行う本人の家族構成
独身・共働き夫婦共働き+高校生共働き+大学生夫婦
+高校生
共働き+高校生+大学生夫婦
+高校生
+大学生
300万円28,00019,00019,00015,00011,0007,000
400万円42,00033,00033,00029,00025,00021,00012,000
500万円61,00049,00049,00044,00040,00036,00028,000
600万円77,00069,00069,00066,00060,00057,00043,000
700万円108,00086,00086,00083,00078,00075,00066,000
800万円129,000120,000120,000116,000110,000107,00085,000
900万円151,000141,000141,000138,000132,000128,000119,000
1000万円176,000166,000166,000163,000157,000153,000144,000

 

年収500万円で共働きの家庭なら、最大61,000円の控除を受けることができます。
意外と少ないように思うかもしれませんが、普通だったらただ払うだけの税金で、返礼品がもらえちゃうのです。なんてお得な制度でしょう。

ふるさと納税のおすすめ商品

ここまでで、ふるさと納税の大体の概要が掴めたんじゃないかなって思います。

なので、最後にもうひと押し。

ふるさと納税サイト別の返礼品ランキングです。

さとふる

さとふる ふるさと納税 ランキング引用:さとふる

 

まずふるさと納税で最も人気のあるサイトの一つである「さとふる」です。さとふるでは、肉、明太子、ビールが最も人気のある返礼品のようです。

楽天 ふるさと納税

 

続いて、ショッピングや金融業、トラベルまで多岐にわたるサービスを提供する「楽天のふるさと納税」です。ここでも、さとふると同様、食品が人気のようですね。

その他おすすめ

食べ物しか出てこないじゃん!

そうなんです、僕もランキング見てて思いました。もっともっと色んな返礼品があるはずなのに。

なので、僕の独断と偏見で『面白そう!役に立ちそう!』という返礼品を選びました。長くなってしまうので、興味ある方は次回の記事で。