税理士試験

[簿記2級] 債務と費用の未渡小切手

小切手 未渡小切手 簿記

注目ポイント!!

銀行残高証明書と当座預金の残高が一致しなかった場合の未渡小切手は、相手勘定科目が債務と費用で処理方法が異なる。

債務→小切手振り出し時の”逆仕訳”
費用→貸方科目を”未払金”

債務の場合

[例題]

仕入先川崎商店に対する買掛金5,000円の支払いのため、小切手を振り出したが、まだ川崎商店に渡されていなかった。

  • 振出時
    買掛金5,000当座預金5,000
  • 未渡小切手発覚時
    当座預金5,000買掛金5,000

債務の未渡小切手の場合は、“逆仕訳” で処理する。

[理由]

仕入先の川崎商店に小切手を渡すはずが、渡されていなかった。

これは、あくまでも帳簿上の処理であって、実際に行われた訳ではない。
つまり、振出時に買掛金が減少し、当座預金が減少したのも、未だ行われていない取引で、取り消せる取引なのだ。

よって、逆仕訳で処理することが可能である。

費用の場合

[例題]

機械の修理代金として振り出した小切手3,000円が未渡しである。

  • 振出時
    修繕費3,000当座預金3,000
  • 未渡小切手発覚時
    当座預金3,000未払金3,000

費用の未渡小切手の場合は、“未払金” で処理する。

[理由]

既述の通り、債務における未渡小切手は、取り消せる取引であったため、逆仕訳で処理することができる。

しかし、費用の未渡小切手は、実際に発生した費用で、取り消すことができない。
例題で挙げた機械の修理代金も取り消すことができないのである。

よって、費用発生時に、未渡小切手のため、実際に減少することはなかった当座預金の減少分を取り消し、相手勘定科目を”未払金”にする。