英語

フラッグシップストア(Flagship Store)ってなに?

Flag Ship Store

フラッグシップストア(Flagship Store)って聞いたことありませんか?

私達が日常的に使用するメッセンジャーアプリ LINE のフラッグシップストアが原宿にオープンしました。

とか、

ユニクロのFlagship Storeも海外にオープンしました。

とか、ニュースで、よく聞くけど、実際フラッグシップストア(Flagship Store)って意味分かりますか?

そこで!調べて見ました、Flagship Storeの意味!

「Flagship Store = フラッグシップストア、旗艦店」

旗艦店ってなんや。読み方さえ分からない。ちなみに読み方は「きかんてん」

でも、漢字の意味は、「船」と「旗」。そのままやん。

flagship ship フラッグシップ 旗艦

フラッグシップストア(Flagship Store)の意味とは?

 

でも、よくよく調べてみると、フラッグシップストア(Flagship Store)は、そのブランドの代表となる店のことなのです。

そうだよね、船じゃないんだよね、だってGoogle検索でFlagship StoreってGoogleで画像検索しても船の画像なんて一切でてこないからね。

フラッグシップショップ 検索結果

ちなみに、代表店というのは、文字通り、企業を代表する店舗として、そのブランドを最も体現して、コンセプトをお客さんに見せられるような店舗のこと。

まぁ、簡単に言えば、ユニクロも日本にめっちゃ店舗あるけど、その中でも(サッカーで言えば)レギュラー入りできるような、代表的な店舗のこと。

フランチャイズ店とか、直営店とか、色々あると思うけど、ある企業が自信を持ってオススメ出来るのがフラッグシップストア(Flagship Store)ということなんだね。

ユニクロのフラグシップストア「UNIQLO GINZA」

フラッグシップストア ユニクロ

こちらは、銀座にあるユニクロのフラッグシップストア(Flagship Store)

大きなディスプレイを使用して、最新のアパレル商品を展示し、世界で1番の品揃えを誇っている。

そして、複数言語対応のスタッフが常駐し、ユニクロのグローバルさを代表店(フラッグシップストア)として体現しているんだね。

LINE FRIENDS フラッグシップストア 原宿

LINE フラッグシップストア 原宿

こちらは、原宿にある LINE FRIENDSのフラッグシップストア(Flagship Store)です。

原宿の割と狭い店内の中に、なぜこのような、めっちゃ大きいLINEキャラクターのブラウンくんがいるのかは、ちょっと意味が分からないですが、恐らくLINE FRIENDSの親しみやすさとかを体現しているのでしょうか。

でも、このようなブラウンくんの特大ぬいぐるみがあることで、インスタ映えの写真に繋がり、人寄せする効果を持つなど、代表店(Flagship Store)としては充分に機能していることは間違いない。だって、そこそこのフォロワー数いるインスタグラムアカウント持ってたら写真撮りに行きたいもん。

フラッグシップストア まとめ

 

このように、よく使われるフラッグシップストアですが、実際に、「どんな意味?」と聞かれても、なかなか即答できるような人っていないのではないでしょうか。

この記事を機に、ぜひ、フラッグシップストア(Flagship Store)は企業、または、ブランドの代表店であることを頭の隅で覚えといてください!

旗艦店とも呼ばれる通り、「船の旗、なるほど、船の旗は、その船を象徴するデザインになっているな。」とイメージすると覚えやすいかも知れませんね。

ONE PIECEのルフィの旗も、麦わら帽子でルフィを象徴してることですし。

Flag of the ship ONE PIECE