サイト運営

【SEO入門】ガチ勢への第一歩、サイト運営初心者に必要なSEO知識

SEO入門 SEO 初心者

今回は、SEO初心者のためのSEO入門編!

初心者SEOくん
初心者SEOくん
最近ブログ始めてさ〜。

でも、頑張って書いてるんだけど、アクセス全然伸びないし、何よりGoogleとかYahooとかの検索エンジンからの流入がないんだよね。

どうやったら、Google検索で上位表示されるの?

上級SEOくん
上級SEOくん
任せてよ!検索エンジンで上位表示させる技術をSEOって言うんだけど。

実は、とても奥が深い学問なんだ。

だから、今回は、僕が入門編として初心者でも簡単に実践できるSEO対策を教えるね!!

そもそも、SEOとは?

 

初心者SEOくん
初心者SEOくん
そもそも、SEOってなに?良く聞くCEOっていうのと似てるの?偉い人とか社長のこと?
上級SEOくん
上級SEOくん
いやいや、違うよ!

SEOとは、”Search Engine Optimization”の略で、初心者SEOくんの書く記事が、Google検索や、Yahoo検索などの検索エンジンで上位表示されることを目的とした知識なんだ!

もしSEOを適切に理解し、サイトに応用できていなかったら、検索エンジンからの流入が最小限になってしまう。

でも逆に、ちゃんとしたSEO対策をすれば、検索エンジンでライバルを差し置いて、上位表示させることも可能になる。つまり、訪問者を最大限に増やすことができるんだよ!

このように、SEO対策は、サイトやブログを運営し、訪問者を最大限増やすために必要不可欠な知識なのです。

例えば、あなたがフランスに留学したい!と思っていて、Google検索で”フランス 留学”というキーワードを使って検索します。すると、”フランス 留学”に関連したウェブサイトがたくさん検索結果として出てきますよね。

でも、実際クリックするのなんて、せいぜい検索結果の1ページ目か、2ページ目じゃないですか?

つまり、検索結果のうちのできるだけ最初のページに自分の記事を表示させようと試みるのがSEO対策の意義なのです。

そして、このSEO対策が必要なのは、何も個人に限った話ではありません。僕のような個人ブログにおいて、その対策が必要なのはもちろん、あなたの街にあるパン屋さんのホームページ、誰もが知っている大企業のホームページにおいてもSEO対策は必要なのです。

 

初心者SEOくん
初心者SEOくん
そっか、SEOに関する知識は、サイト運営に関わる全ての人にとって、必要な知識なんだね!

 

前置きが長くなってしまいましたが、ここからがSEO対策入門として意識しておくべき具体的な対策になります。

ターゲットの理解

 

あなたの書いた記事は、どのような人に読んでもらいたいのか。

この”読んでもらいたい人”のことをターゲットと言い、このターゲットが100%明確に定まっていないとSEO対策は、一気に難しくなってしまうのです。

逆に、あなたの”ターゲット”となる人々が定まっていて、そのターゲット像が具体的であればあるほど、SEO対策は有効になると言えます。

初心者SEOくん
初心者SEOくん
なるほど〜。

僕は、留学に関するブログを書いているんだけど、読んでもらいたい人として、”留学に興味ある人”って考えていたんだけど、それだと漠然としていたのか。

具体的に決めると、”高校卒業を目前に控えている学生で、フランス留学を視野に入れている人”って感じになるんだね!

 

キーワード選定

 

このキーワード選定こそがSEO対策の真髄と言っても過言ではなく、今までその対策を全く行ってこなかった人々が、SEO入門者として、まず最初に意識するべきものであると言えます。

先ほど決めた”ターゲット”となる人々は、どのようなキーワードを使って検索するのかを探すのです。

フランスの留学サイトであれば、

“フランス 留学”
“フランス 大学”
“フランス大学 学費”

といったキーワードでの検索が予想されます。

この中から、自分が重きを置くキーワードを選定するのですが、その際に重要となってくるのが、「Google検索などの検索エンジンにおいて、選定したキーワードで自分の記事が上位表示されるかどうか」です。

Google Keyword Planner を使ったSEOキーワード選定

 

Google Keyword Plannerのようなキーワード選定ツールを使用して、あなたのターゲットに最適なキーワード選定を行いましょう。

このツールは、SEOを意識している人は、必ずと言っていいほど多く使用されているツールで、狙いたいキーワードの検索需要や、関連キーワードを見つけることができます。

SEO対策 Google Keyword Planner

Google Keyword Planner使い方参考

https://junichi-manga.com/how-to-use-keyword-planner/

Google ChromeのシークレットモードでSEOキーワード選定

 

でも「Google Keyword Plannerって設定多くてめんどくさい〜。」って人は、

Macなら Google Chrome開いた状態で、Command + Shift + n 押すと、自分の閲覧履歴とかが反映されないブラウザのシークレットモードウィンドウを開くことができるので、そこでキーワード検索して競合サイトを調べると良いかも知れません。(Windowsなら Ctrl + Shift + n)

 

もし上位サイトが大手サイトだったり、どうやっても勝てそうにないサイトが並んでいたら、残念ながら初心者SEOくんのような個人サイトが検索上位に食い込むのがほぼ不可能と言っても過言ではないのです。

なので、例えば”フランス 留学”で検索上位に表示されるサイトが勝ち目のないサイトであった場合、キーワードを一つ増やしてみるのも一つの手です。

“フランス 留学 学費安い”
“フランス 留学 語学学校”
“フランス 留学 パリ”

など、一つキーワードを追加するだけで、一気に上位表示が狙えるようになるかも知れません。

 

初心者SEOくん
初心者SEOくん

SEO対策でのキーワード選定も、そのターゲット設定と同じで、具体的にすれば、具体的にするほど、効果的なのか〜。

僕も一つキーワードを追加してみよう!

 

自分のキーワードランキングを定期的に見る

 

あなたの書いた記事が検索エンジンでどれほどの順位に表示されているのかを見ることはSEO対策において、非常に重要な要素の一つです。

検索エンジンは、定期的に仕様が変わるため、ある月に検索順位1位だった記事が、翌月には圏外になっていたというのもSEO界隈では珍しくありません。

よって、日々変動する順位を把握し、必要に応じてSEO対策を修正していく必要があると言えるでしょう。

初心者SEOくん
初心者SEOくん

SEO対策は、一度やったら終わりという訳ではなくて、良いパフォーマンスを挙げるためには、日々継続して試行錯誤していかなければならないのか。

SEOに完全な正解はないんだね!

 

高クオリティのコンテンツを提供する

 

高クオリティのコンテンツを提供するということは、GoogleのSEOアルゴリズムにおいて、高評価されやすい要素の一つなのです。よって、もしあなたがブログを運営しているのであれば、SEO対策入門として”高クオリティの記事のみ”を公開することを念頭に入れておきましょう。

そして、Googleが考える”高クオリティの記事”と”記事の長さ”には、大きな関係があることが研究によって明らかになっています。つまり、あなたが書く記事が、長ければそれだけSEOに強い記事と評価され、検索エンジン上位表示を実現しやすくなるのです。

海外の研究になるのですが、Neil Patel氏の研究によると、Google検索上位10記事において、そのコンテンツの文字数は最低でも2,000wordsを超える長さであったことが判明しています。

初心者SEOくん
初心者SEOくん

じゃあ、いっそ異常に長い記事を書けばいいんじゃないの?

上級SEOくん
上級SEOくん

そうだね、その研究によると、長いコンテンツほどSEO対策として有利に働くみたいだから、短い記事を書くくらいなら、ゴリゴリの長い記事を書いた方が良いみたいだよ!

このように、もしあなたが運営するブログ、または、ウェブサイト内で、短いコンテンツを公開しようとしているのなら、SEOのために、一度考え直した方が良いかも知れません。あなたが投稿しようとしているその短い記事によって、Googleが低クオリティコンテンツ認定し、検索順位が著しく下がってしまうこともあり得るのです。

 

ウェブサイトを高速化する

 

今日のインターネットユーザー達は、デスクトップを使用していようが、モバイル端末を使用していようが、高速なウェブページに慣れてきてしまっています。

この消費者の傾向に影響され、Googleは先日、初めての取り組みとなる”ページ表示までのスピード”を検索エンジンの順位に反映させることを発表しました。

よって、もしあなたのウェブサイトの表示速度が遅くなっていた場合、まず読者は、待つことが嫌いなため、クリックからページ表示までのタイムラグがあると離脱してしまいます。そして、SEOとしてもページ表示が遅いことでペナルティを受けるので、検索サイトでも上位表示が難しくなってしまいます。

つまり、ページの読み込み速度が遅いことで、あなたは2重に被害を受けることになるのです。

ちなみに自分のサイトのページ表示速度は、「GoogleのPage Speed Insight」っていうサービスで確かめられるから、ぜひやってみてね。

SEO対策 ページ速度 Google PageSpeed Insight

 

初心者SEOくん
初心者SEOくん

でも、”ページの読み込みが遅い”と判断されるのは、具体的にどれくらいの読み込み時間を指すの?

上級SEOくん
上級SEOくん

そうだね、もちろんインターネット回線の速さとかにもよるけど、、、

一般的には、ページの表示に”2秒”かかってしまう時点で、読者は待ちきれなくなって、SEOの検索表示ランキングにも影響されると考えられているんだ。

初心者SEOくん
初心者SEOくん

たったの2秒か!

SEOの世界はシビアなんだね〜。

でも、上級SEOくん。サイトを高速化させるのって具体的にどうやってやるの?

上級SEOくん
上級SEOくん

SEOで有利にするために、サイトを高速化するのには色々な方法があるんだけど、簡単なもので言えば、こんなのがあるよ!

  • 画像を最適化する(使用枚数を減らす、画像を軽量化させる)
  • CSSやJavascript ファイルを圧縮する
  • WordPressだったら最適化プラグインを使う

SEO入門のこの記事をみている人にはちょっと難しいかも知れないね。

だから、まずはサイトで使用する画像を全部、軽量化してから使用するといいよ。
パンダさんが勝手に軽量化してくれるサイトを紹介するね!

https://tinypng.com/

ページ表示の高速化について詳しく書いてある記事

https://fastcoding.jp/blog/all/seo/google-pagespeed/

 

偽のSEO対策を信じない

 

Googleが嫌う、”偽のSEO対策”または、”悪意のあるSEO対策もどき”を実践しないようにしましょう。

SEO対策として、いくら優れているように見えても、最終的にその良し悪しを決めるのはGoogleです。よって、”ブラックハットSEO”と呼ばれるGoogle検索が嫌うような不正に検索順位を上げようと試みる方法は決してとるべきではないのです。

初心者SEOくん
初心者SEOくん

ブラックハットSEOか〜。

なんだかカッコいい名前だけど、それはやっちゃいけないSEO対策なんだね。

ちなみに、具体的にどんなのがあるの?

上級SEOくん
上級SEOくん

そうだよ、一時的に検索上位に入り込むかもしれないけど、Googleのアルゴリズムも日々精度が高くなっているからね。

やっちゃいけないのは、

  • キーワードを過剰に詰め込む
  • 自作自演リンク
  • コンテンツコピー

とかが代表的なものになるね!

 

画像タイトルと代替テキストを使用する

 

上級SEOくん
上級SEOくん

普段なにげなく本文に挿入している画像。

もしかして、そのタイトル 「IMG6826.jpg」 みたいに意味のない文字の羅列になっているんじゃない?

代替テキストも空欄にしてるなんてことはないよね?

初心者SEOくん
初心者SEOくん

(Gikuuuuuuu!!!)

そ、そんなことないよ!

ダウンロードした画像の名前をそのまま使ったり、代替テキストを空欄にしたまま、画像挿入するなんて、するわけないじゃないか。(あれダメだったのか〜!)

あなたが使用する画像にどのような”タイトル”または”代替テキスト”を使うかによって、SEOランキングに大きく影響を与える場合があるのです。

残念ながら、多くの企業がこのタイトルや代替テキスト(ALT)というSEO対策における重要な要素を無視しているのです。

でも、よく考えてみてください。

Googleの検索エンジンって、ランダムな画像みて、「あ、これは、マックのポテトの画像ね、理解。」とはなりませんよね。まぁ、技術の進歩であるマックのポテトくらいなら認識できるかも知れませんが、もっと複雑な画像の場合は、もうさすがに無理でしょう。

SEO 画像例 マックポテト

では、画像をどこで判断するかと言ったら、、

そう!タイトルや代替テキストなのです。

マックのポテトの画像だったら、

画像タイトル title=”マックポテト.jpg”
画像代替テキスト alt=”マクドナルド_フライドポテト_マックポテト”

ここでも、”食べ物”など抽象的な表現ではなく、”マックポテト”のように具体的な表現を使うと良いでしょう。

のようにすると、Google画像検索でも引っかかる可能性も高まり、SEO対策として検索エンジン上位に食い込める可能性も高まるのです。

 

サイトデザインやページデザインの最適化

 

もう私達は、21世紀に突入しました。
なので、1990年代後半に使われていたようなウェブサイトのデザインはもうみたくないですよね。

Webデザインは、SEO対策にとって重要な要素であり、その顧客体験や、包括的な使いやすさ、情報の構造などは、ぜひこだわりを持ってデザインしてみてください。

ただ自分目線でのカッコいいとか、可愛いとかではなく、あくまでも、読者にとって、どんな記事構成がわかりやすいのか、どのようなサイト構成にすればもっと自分のサイト内を循環してくれるのかなど、読者目線で考えることが必要であると言えるでしょう。

そして、サイトの見えづらさ、記事の読みやすさは、間接的にSEOランキングを落とすことに繋がってしまうのです。

上級SEOくん
上級SEOくん

ちなみに、ユーザー目線でのサイトデザインを追求するために、具体的には、

  • ミニマリスト的なデザイン
  • 空白を利用する
  • 読みやすいように段落で分ける
  • 強調部分にハイライトを使用する

などが考えられるね。

このような、”読みやすさ”を追求する要素を取り入れていくことで、現代にちなんだウェブサイトを構築することが可能になり、ユーザーが探していた情報を的確に見つけられるようなるのです。それが結果的に、SEOランキングを高めることは、言うまでもありませんね。

初心者SEOくん
初心者SEOくん

そうか〜。

僕なんか、「あ、このテーマかっこいい!!」って感じで、サイトのデザインを決めていたから、ユーザー目線の”読みやすい”サイト設計なんて考えたことなかったなぁ。

そして、”読みやすい”ウェブサイトこそSEOランキングにも繋がるんだね!

実際、読みやすいウェブサイトは、素人が1から作るのは、非常に難しいです。
よって、入門者なら、初期投資として、”有料テーマ”を買ってみるのもアリだと思います。

僕も、最近Wordpressの有料テーマを買ったのですが、何と言っても見やすいし、使いやすい。この記事にも出てくる”初心者SEOくん”や”上級SEOくん”の吹き出しも簡単に作れるし、サイトデザインも簡単にパパッと出来てしまうのです!しかも、ある程度のSEO対策もあらかじめ設定されているので、アクセス数も伸びました。

どうせ有料テーマを買うんだったら、最初から買っておけば良かったな〜と最近思ったので、もし少しでも気になっているのであれば、早めに買っておくことをオススメします。

僕は、「JIN」というwordpress有料テーマを使っているのですが、ぶっちゃけある程度知名度の高い有料テーマなのであれば、それほど大差ないと思うので、直感で大丈夫だと思います。そのほかにも、ブログの有名どころで言えば、「Stork」や「SANGO」、「AFFINGER5」、「manablog」が人気ですね。

もっと知りたい人は、こちら

https://star-sv-press.com/featured-wordpress-paid-theme/

 

まとめ

 

以上、SEO入門におけるSEO対策を長々と書いてきたわけですが、ぶっちゃけ最初は全部できなくて良いと思います。というか、普通は全部、一気にできないです。

なので、まずは、
記事に使用する画像のタイトルと代替テキストを意識してみよう
とか、
とりあえずユーザー目線で分かりやすい、読みやすいブログを作ってみよう
とか、
出来るだけ記事の内容を充実させてみよう
とか、

まずは、出来ることから始めてみれば良いのです。

で、その最初の一歩を踏み出せたのであれば、「じゃあ、最近慣れてきたから、またSEO対策の新たな一手を切り開いて見ようかな」ってな感じで、最終的にはSEO対策を充実させていくことが出来れば良いのだと思います。

まぁ、一番大事なのは、継続して記事を更新していくことですよね。