未分類

ブロックチェーン:パブリックチェーンとプライベートチェーン

f:id:kojitakahashi6:20171115151235j:plain

 

今回は、ブロックチェーンの大まかな分類についてまとめたいと思います。

 

パブリックチェーンとプライベートチェーン

 

ブロックチェーンを大きく分けるとしたら、パブリックチェーンとプライベートチェーンに分類することができます。

この二つは、合意形成(Proof of Work or Stake)ネットワークへの参加の仕方に違いがあります。

 

例えば、ビットコインのような、合意形成に誰でも(どんなノードでも)参加できるようなブロックチェーンをパブリックチェーンと呼び、Hyperledger Fabric のような、合意形成に参加できるのは権限を与えられたノードしか参加できないブロックチェーンをプライベートチェーンと呼びます。

 

よって、パブリックチェーンは、ほぼ完全な非中央集権型であるのに対し、プライベートチェーンは、合意形成の際のノードを選択し、採用するので中央集権的な特性が多少残っていると言えます。

 

日銀の資料で簡単にまとまっているものがありましたので参照させていただきました。

下記の図では、プライベートチェーンとパブリックチェーンの中間に位置するコンソーシアム型も記載されていますが、今回は説明を省きます。

f:id:kojitakahashi6:20171115160604p:plain

 

 

パブリックチェーン

 

メリット

パブリックチェーンのメリットは何と言っても非中央集権型で、誰の管理も必要とせずに存続していき、改ざんなどの不正が行われないことにあります。つまり、第三者の必要性がなく、止まることなく半永久的に持続していくのです。

さらに、そのデータは各ノードから参照可能なため、透明性が比較的高いことが挙げられます。

 

 

 

デメリット

パブリックチェーンでは、スケーラビリティに関しての問題が危惧されています。

一般的に、パブリックチェーンでは、取引承認までの時間が非常に長くかかってしまい、ネットワーク上で遅延が起きてしまっているのです。

例えば、ビットコインネットワーク上では、1ブロックが1MBであり、もう少し容量を大きくすることで、1ブロックにより多くの取引を格納するべきだと考える人々がSegWit2xというアップグレードを行おうとしましたが、充分な合意を得られず実装には至りませんでした。しかし、他のアルトコインによって、この問題を解決する術が試用されています。

 

さらに、デメリットとしては、ノードが増えすぎるあまり、全てのノードの電力消費量を合算すると、膨大な電力を使っているため、環境に良くないという声も挙がってきています。

 

 

プライベートチェーン

 

メリット

 

プライベートチェーンでは、比較的少数のノードによって運営されているので、取引承認を迅速に行うことができるのが大きな利点と言えます。アルトコインの中でも、比較的取引承認が速いものは、こちらのプライベートチェーンであることが多いです。

取引承認の際に、パブリックチェーンでは、ノードに対するマイニングの報酬が必要になってくるのですが、プライベートでは、基本的に管理者によって集められたノードにより承認を行うので、マイニング報酬が不要になります。

 

 

 

デメリット

 

デメリットとしては、やはり時ノードの数が少なく、そのノードも権限与えられたノードしか参加できないため、中央集権型寄りになってしまい、第三者の管理が必要な時も出てくることです。そして、この点を考慮すると、現時点の分散型データベースと比べて革新的だとは言えなくなってしまうかもしれません。

 

 

 

以上、パブリックチェーンとプライベートチェーンの違いでした。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

 

 

僕自身も使用しているオススメの仮想通貨取引所です!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin