未分類

ブロックチェーン:P2Pネットワーク

f:id:kojitakahashi6:20171108100151j:plain

P2Pネットワークとは

 

今回話すのは、P2Pネットワークについてですが、まず既存のネットワークについて考えてみると、一つのサーバーに対して、複数の人がそのサーバーにアクセスするという、以下の図のような形になると思います。

 

f:id:kojitakahashi6:20171108100908p:plain

この場合、サーバー自体に問題があり、止まってしまうと個人もそのサーバーにアクセスすることはできなくなりますし、誰かが、サーバーの情報を改ざんすることもできるのです。

 

そこで今回出てくるのが、ビットコインを始めとする仮想通貨で使用されているP2Pネットワークです。

 

Peer to Peer という意味を持つ P2P は、その名の通り、個人同士を繋げてしまおうという考え方です。図で表すと下記のようになります。

f:id:kojitakahashi6:20171108101830p:plain

この分散されたP2Pネットワークの何がすごいところは下記の2つです。

・継続性(ゼロダウンタイム)

・不変性(改ざん不可能)

 

まず一つのノード(コンピュータ)が停止しても、ネットワークが継続して長期にわたり、安定して機能します。例えば、中央集権で、1つのサーバーから情報を提供している場合、そのサーバーが故障して機能しなくなったら情報を提供できません。

 

さらに、情報の貯蔵場所が一箇所でなく、複数のノードに保存されていることから、例え1つのノードで情報が改ざんされたとしても、他の複数のノードと比較することで、すぐに不正を検出できるのです。つまり、ノード数が多くなればなるほど、安全で、信頼性の高いネットワークになるのです。これは、例えば、政府など、個人情報の証明などには有利な特徴であると言えます。

 

しかし、この分散ネットワークには、主に下記の3つの弱点があります。

・速度

・不変性

・順序性

 

一般的に、ノードは増やせば増やすほど、処理性能が上がるのに対して、この分散ネットワークは、各ノードが同じ作業をするので、むしろノードが増えれば増えるほど、承認速度が遅くなる傾向にあります。よって、どんなノードでも参加できるパブリックチェーンよりも、制限されたノードしか参加できないプライベートチェーンは承認速度がより速い傾向にあります。

 

そして、改ざん不可能であるのは、時にデメリットともなり得るのです。例えば、一度自分に不利益な情報がそのネットワーク上に流れてしまうと、複数のノードに複製されてしまうので、消去が不可能になってしまうのです。

 

さらに、順序性についてもブロックチェーンは不向きであると言わざるを得ません。よって、株の売買やチケットの予約など、順序が重要になってくる取引には、何かしらの工夫が必要になるのです。

 

 

まとめ

 以上で、P2Pネットワークについてのまとめは終わりとなります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

 

 

 

僕自身も使用しているオススメの仮想通貨取引所です!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin