未分類

ブロックチェーン:ブロックチェーン考察

f:id:kojitakahashi6:20171031014336j:plain

 

ブロックチェーン考察

 

最近割と耳にするブロックチェーンという言葉。

調べていくと、非常に興味深く、実用性を備えた技術で、これからもどんどん伸びていくのではないかと思ったので、ちょくちょくブロックチェーンについて調べてはまとめていきたいと思います。

 

超端的なブロックチェーンの説明

 

ブロックチェーンは、分散型台帳とも呼ばれるビットコインなどの仮想通貨の基盤となっている技術であり、仮想通貨が革新的な理由は、このブロックチェーン技術が革新的であることにも起因しています。

既存の情報の保管方法、取引承認方法は、中央集権型であり、例えばメルカリであっても、リクルートであっても、情報の保管は中央集権型であり、そのためにハッキングや情報改ざんなどのリスクに晒されています。

 

しかし、ブロックチェーンを使うとその情報は分散され、その取引の承認もそのブロックチェーン・ネットワークに参加している複数人により承認が行われ、一度ブロックチェーンに記録された情報は改ざん不可能なため、不正を行うことがほぼ不可能になるのです。

 

下記は、経済産業省によるブロックチェーンに関する報告書です。

f:id:kojitakahashi6:20171030180539p:plain

http://www.meti.go.jp/press/2016/04/20160428003/20160428003-1.pdf

 

 

 

ブロックチェーンは、金融などの分野はもちろん様々な分野への応用が期待されています。

 

 

今後の応用分野

 

ブロックチェーンは、もはや金融分野だけにとどまらず、データ管理、流通分野、政府事業、医療分野など、様々な分野に応用されていくことを考えると、ブロックチェーンがいかに偉大な発明であるかがわかると思います。

 

 

f:id:kojitakahashi6:20171030195725p:plain

 

 

将来的な市場規模

 

ブロックチェーンの将来の市場規模は、経済産業省によると67兆円にまで拡大すると考えられています。

経済産業省は、その比率を下記の図にまとめ、それぞれのカテゴリーの右下にその市場規模がまとめられています。

この図を参考にすると、より高度なシェアリングエコノミー、サプライチェーン、そして、取引及びプロセスの自動化が多くの市場規模を占めていることがわかります。

 

f:id:kojitakahashi6:20171030195834p:plain

 

日本においてのブロックチェーン 

 

ブロックチェーン及び分散型台帳技術は世界的に注目されていますが、ここで強調しておきたいのは、「orb1(orb)」、「Mijin(テックビューロ)」、「いろは(ソラミツ)」、「Miyabi(Bitflyer)」など日本初のブロックチェーン技術も台頭してきており、現時点でブロックチェーン業界においての日本の立ち位置は非常によく、外国からの技術者もうまく呼び込めているようです。

もしかしたら、日本はこの業界の先駆者になっていくのかもしれません。

 

まとめ

 

このように、ブロックチェーンは画期的な発明であり、これからも大きな発展が見込める注目すべき技術であることがわかります。

ある人は、このブロックチェーン技術を、インターネット以来の大発明と捉えており、多くの企業がブロックチェーンに関心があることを考えると、今後の動向に期待が持てそうです。

 

僕自身も使用しているオススメの仮想通貨取引所です!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin