未分類

あなたの周りの人は笑っているか。

 

 

僕は、幸せになりたい。これはきっとみんなが思っていること。

 

幸せになりたいなんて思っているだけじゃ、もちろん幸せになれないと思うし、求めるだけじゃ、幸せになれないと思う。

だから、まず自分が幸せになりたいなら、他人を幸せにしてあげなきゃいけない。

 

幸せはもちろん人によって定義が違うものだけど、僕は、自分が笑ってて、僕の周りの人が笑っていると、絶対的に幸せとは言えないにせよ、少なくとも幸せな気持ちにはなれると思う。そして、そんな小さな幸せの積み重ねが、幸せな人生に繋がる一つの要素なのかなって思う。

 

例えば、好きな人が自分に笑いかけてくれると、それは猛烈に幸せな気持ちになれると思うし、職場の人が、朝、明るく挨拶をしてくれて、今日も頑張ろうね、高橋くんとか言ってくれるととても嬉しいと思うし、僕は小さな幸せを感じる。少なくとも嫌な気持ちにはならない。

 

逆に、好きな人にめちゃくちゃ冷たくされたり、職場の人に嫌味を言われたり、怒鳴られたりされるのはとても嫌だし、幸せな気持ちはちっとも感じない。

 

だから、自分が笑顔で、周りの人が笑顔だっていうのは、幸せになる上で結構重要なんじゃないかと思う。

 

でも、自分の眉間にいつもシワがよっていたり、いつも怒りっぽかったり、不満、批判ばかり言っていると周りの人が笑顔になるわけがないと思う。

職場で気持ちよく挨拶なんてされないだろうし、きっと周りの人は不快感か嫌悪感しか感じないと思う。

 

もし僕が、こんな大人になっていたら、絶対に嫌だ。

なってないと思うし、なってないことを心から願うけど、万が一なっていたらすぐに更生してほしい。

 

最初はぎこちなくてもいいから人々に笑いかけてほしい。

レストランを出る時に、一言ごちそうさまでした、というだけでもいいと思うし、コンビニでありがとうと言うだけでもいいと思う。

 

きっと相手も悪い気はしないはずだ。

 

暗い気持ちは残念ながら伝染してしまうものだと思うけど、同時に、笑顔も伝染するものだと思う。そして、その笑顔は回り回って自分に返って来るんじゃないかなって思う。

 

だから、眉間にシワ寄せてお互い嫌な気持ちになるくらいだったら、お互い笑顔で、ちょっとでも幸せな気持ちを積み重ねた方が絶対に得だと思う。

最初は作り笑顔でもいいと思うし、ぎこちなくてもいいと思う。

それが習慣になって、自然にできるようになれば、きっと僕自身に笑いかけてくれる人も多くなると思う。だって纏っている雰囲気が変わってると思うから。