コラム

未経験で経理からフロントエンジニアに転職しました。その理由と方法。

原点 why USCPA think man

 

実は、、、きびなご転職しました。笑

しばらくブログ更新できていなくて、、、米公認会計士の勉強仲間の皆様には申し訳なく。。きっと一緒に勉強していた人たちは今頃、FARとか科目合格しているのかなぁ。

そんな中で僕は経理から未経験フロントエンドエンジニア として転職することにしました。

今回はフロントエンジニアという職種を選んだ理由と、その方法について書いていきます。

 

フロントエンジニア を選んだ理由

frontend engineer why chosen

僕がフロントエンジニアという職種を選んだ理由は大きく2つあります。その2つを順に紹介します。

もしこの記事を読んでいる人が同じく他業種や経理からフロントエンジニアになりたいと思って転職活動をしているなら参考になるかも知れません。

①手に職をつけたかった

 

まず第一に手に職をつけたかった。

経理ももちろん手に職はつくんだけども、もっと個人で稼げる手に職をつけたかったというのが大きな理由だったと思います。

経理はやっぱり会社ありきの経理なので独立や開業がしにくいといった難点もあります。(記帳代行とかはできるんだけどやはり幅が狭い感じがしました。)

そして、何より実際経理を初めて見たらわかるんだけど、、

経理はルーティーンワークの極みで担当できる範囲が狭いのなんの。。

経理の仕事は、毎月の決算に向けてた数字を出していくことで毎月同じことをしていくことが仕事。(たまにイレギュラーはあるけどね。)そして、経理部に何人も人がいるとすごく細かく分業されていて、ここからここまでの業務範囲を担当するということが普通なのです。

そして、経理部のバイト→平社員→課長→部長といると、それこそ重要度の高い仕事や裁量性のある仕事は上の人がメインで担当しています。(当たり前のことだけども、、)

すると、知識がつかない。手に職なんて何年かかるか、、全体を把握するのでさえ、何年かかるか。といった印象を持ちました。

その点、フロントエンドエンジニアは直接クライアントとやりとりをしながら、調べて調べて調べながら、知識を吸収し、スキルを伸ばしながら仕事をできているのでとても満足しています!

②何か目に見えた成果が出る職が良かった

 

次にやはり自分のやった仕事、作業に対してどのような成果が出ているのか、自分の仕事はどのように事業を左右したのか。この目に見えた結果を知ることができる職種になりたかったというのも一つの理由でした。

経理をやっていると(特に経理部の規模が大きいと)自分のやった仕事が事業にどのように貢献しているのか、なんの役に立ったのかを知ることはすごく難しいと思うのです。

一方でフロントエンドエンジニアは、このサイトのこの部分を担当した!このLPを作成した結果、これだけ集客率が高まって、利益に貢献できた!など、自分の作業の成果が目に見えてわかります。

やはり自分のやったことが目に見えてわかるのは自分にとって大事なことのようでした。

 

③リモートワークがしたかった

 

最後に、、これは最も大きな理由。

リモートワークがしたかった。。

僕は学生時代もフランスに留学して、その後ワーホリでNZいって、って一つのところに止まっていられない人間なんです。笑

なので、正直出社すること自体、出社して飲み会だの、上司と部下の人間関係に悩むこと自体がめんどくさかった!(はい、典型的なゆとり世代ですねw)もちろん人間として対等な関係での普通に仲良くなった上での飲み会とかなら大歓迎なのですが、上司に媚び諂う飲み会とか苦しかった思い出があります。。

なので、自宅から仕事ができる仕事をしたかったんです。

これ言うと、すごく我が儘だとか、絶対無理だとか思われるのですが、実際現在フルリモートで自宅から働いていますw (今の会社の社長に感謝!)

経理でリモートはどうしても重要書類や請求書などの関係で難しいですもんね。でもフロントエンドエンジニアは最悪パソコンとWi-Fiだけあればどこでも働けると言うのが自分にとっては大きな魅力でした!

 

経理の方が良かったなと思う部分

accounting bookkeeping

と、ここまで経理だめじゃん!フロントエンジニア 最高!って内容になってしまっているかと思うのですが、、、

じゃあ、フロントエンドエンジニアの方が優れているのかと言ったら、やっぱりそんなこともないのです。

経理の方が良かったなぁと思う部分はこんな感じ。

  • 仕事が楽だった(一度覚えると本当に退屈なくらい)
  • 毎回定時に帰れた(アフター6が充実していましたねw)
  • 気持ちにゆとりがあった(裁量権がない分、気持ちが楽?)

気持ち的、時間的に余裕はあったかなぁ。というのが正直な感想です。

やはりフロントエンジニアは、期限までに終わらないと徹夜とかもあるかも知れません。(半年働いて、2回くらいあった。。)そして、自分の担当できる範囲が広い分、それだけの責任も伴うので、プレッシャーはありますね。気持ち的に追い込まれている時も結構多いです。。まぁこればっかりは自分のスキルアップを図るのみですね。

でもやりがいはあるので、やっぱり転職して良かったなぁとしみじみ思います!リモートワークできますしね!(いえーいw)

 

経理からフロントエンジニアへの転職活動 アピール方法

面接 インタビュー 就職活動

そして、最後に経理からフロントエンドエンジニアへの転職する際にアピールしたこと、アピールできそうなことを書いていきます。

実際転職活動で、下記をアピールして転職成功できたので是非参考にしてみてください!

  1. どのように業務を効率化させたか

    まずエンジニアは効率厨です。いかに効率化できるか、いかに業務を短縮して最大限の結果を得られるかが大切な気がしています。なので、経理でどのように業務を効率化させたかとかをアピールしました!(経理って結構非効率的な部分多かったので、自分の範囲だけでもExcel関数組むなりして効率化させてましたw)

  2. Excelの関数を使用して楽しかった

    あとは関数?プログラミング?というか数字自体に抵抗がないよ!ということを示すために、Excelで関数使うのが楽しく、自分で調べながら関数を使用していくのが楽しかったです!ということを言いました。(理由は、自分で教わらずに調べて実行できるよ!、そして、プログラミングにも全く違うけど関数たくさん出てくるので抵抗はないよ!ということを示すため。)

  3. 独学でここまでできることをアピールした

    最後に、未経験で経理から転職するには独学でのポートフォリオが必須です。自分で調べて、(僕はProgate→Udemyという流れで学習サイトを利用した)サイトを作成してみましょう。結構メジャーのだとみんな提出するのですが、メジャーじゃない学習サイトの事例サイトなどをそのまま自分で模写してポートフォリオとして提出しました。小声。実際作ったのは間違い無いからねw

あと最後に、、、

実際転職活動始めると、、、めちゃくちゃ面接に落ちますw

経理からフロントエンドエンジニアなんてめちゃくちゃ職種違うし、未経験なんてうちは無理だよ。っていうのが当たり前です。

書類面接で落ちるのは当たり前。連絡来ないのも当たり前。面接落とされるのも当たり前。そんな覚悟を是非持って転職活動に望んでくださいw

僕も多分20社くらいは落ちたかな〜。

でも自分にあった会社が絶対あるはずです。負けずに頑張ってください!応援しています☺️

 



月額5,980円で英語力がぐんぐん伸びるDMM英会話!


TOEIC975 取った僕もこれでスピーキング、リスニング力 格段に上がりました。


今なら体験授業が2回無料です!



僕が選んだ米国公認会計士講座はコチラ。資料請求してみてね!

資格の大原米国公認会計士講座
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です