海外

バイリンガールChikaさんのメルボルン企業訪問を見て、海外で働きたい欲が100倍増した

chika bilingirl australia working style

こんにちは、きびなご(@kibinag0_blog)です。

今回紹介するのは、英語界隈では知らない人はいないくらい大人気なバイリンガールChikaさんの動画!

なんとChikaさんがオーストラリアのメルボルンにある”Yellowfin International”というIT企業に職場訪問して、生の声を聞いてくれています。

タイトルにもある通り、この動画を見て、海外で働きたい欲が100倍増しました。これは絶対に英語を学ぶモチベーション、USCPAの資格を取るモチベーションになりますね。

その中でも個人的にグッときたポイントをいくつか紹介!(記事の最後にYoutubeへのリンクも貼ったので、ぜひ Chikaさんのメルボルン職場訪問ビデオも見てね)

オーストラリアでの柔軟な働き方

woman free mountain work style

何より感じたのがオーストラリアならでは?の柔軟な働き方です。

オーストラリア自体が移民の国であり、インターナショナルな環境であるというだけでなく、自分の仕事さえ終われば帰宅できる、裁量制のある働き方や子供を職場に連れてくることもできるなど、柔軟な働き方に衝撃を受けました。

日本だとやっぱり上司より先に帰るのは気が引けたり、むしろ残業することこそが正義という風潮さえ存在している気がします。職場に子供を連れてこれる企業なんて日本にどれほど存在するのでしょうか。

Yellowfin Internationalで働くYukaさんはこんなことを言っていました。

「こっちの良い所は、疲れたら皆んなすぐ休憩に行きます笑」

やっぱり給料を貰っているからには働かなきゃいけない。そんな考えがよぎってしまいますが、オーストラリアだと休憩が公認されているんですね。

 

Yellowfin Internationalで働く人の考え方に痺れた

友達 ブログ きびなご 海外

Yellowfin International で経理として働くワーキングママさんがこんなことを言っていました。

「Someone comes to clean the house. You are working during the week, you don’t want to spend your weekend cleaning the house.
You could be relaxing, hanging out with the kids, or taking out to the activities.」

クリーナー(掃除してくれる人)に来て貰っているの。平日に働いているんだから。週末まで家の掃除とかに捕らわれたくないものね。

だから、週末はリラックスしたり、子供とアクティビティに出かけたりできるのよ。

 

なんか良い意味で、力の抜き方を知っているなって思いました。平日の昼間に働いて、平日の夜や週末は家事に終われる。そんな忙しい日々の中で、子供たちにイライラしてしまうなら、家事をちょっと他の誰かに任せて、心に余裕を持つ方が100倍ハッピーだろうなと気づくきっかけになりました。

 

気になるオーストラリアの休暇

夢 目標 男の子 

先ほど話していたワーキングママさんが休暇についても言及していました。

「夫が永年勤続休暇で13週間の有給休暇をもらえるの。だから、私も会社を休んで一緒に3ヶ月間アメリカに行くことにしたのよ。」

ツッコミどころが多すぎて。

まず永年勤続休暇が13週間(91日間)らしいです。僕の会社は10日。そして、奥さんもついでに会社を休んで休暇を取るって、、、

Chikaさんが「その休みの間、会社は大丈夫なの?」って聞いていたんですけど、ワーキングママさんは「会社なら大丈夫よ。会社が何とかするでしょ笑(They’ll be fine!)まぁチームの皆んなに負担が行かないように誰かしらサポートする人を雇うでしょう。」って答えてました。

最後にChikaさんがその休みをお願いするときに躊躇しなかった?と聞いたら、ワーキングママさんは「躊躇なんてしないわ。そんな良いチャンスが来たら掴まないと!」って言っていて。

なんか驚きのカルチャーショックで、自分の人生の手綱を自分で握っていることを強く感じがしました。

 

Yellowfin Internationalの終業時間

uscpa meetup study group colleague

Yellowfin Internationalの終業時間は午後4時。

そのあとは、お酒を飲んだりとか、自由に帰宅しても良いみたいです。

代表のグレンさんも「あと2時間くらいで今日も終わりだ。今日はいい天気だから、既にオフ気分の人もいるだろうね笑」って言っていました。

動画みたら分かるけど、本当に午後4時になったらビール片手にオフィスをウロウロしている人もいれば、Have a nice weekend! って颯爽とオフィスを後にする人もいて

日本で残業月50時間とかって働いていると、なんか凄く損した気分になりました。きっと午後4時に終わると、まだ日が落ちていないからビーチに行くかとか、子供のお迎えいってちょっと一緒にサッカーでもするか。とかなるのかなぁ。

 

Chikaさんのオーストラリア企業訪問まとめ

 

今回Chikaさんが訪問してインタビューしていたYellowfin Interantional は社長の人柄とかも凄く良くて、働きたいなぁって思えるような企業でした。

実際、オーストラリアの企業 全部がこんな感じではないと思うけど、ほとんどの会社がこんなイメージに近いのかなと感じました。

オーストラリアのBIG4会計事務所で働くATSU EIGOさんもこんなTweetをしていたので、オーストラリア企業への僕が抱くイメージはあながち間違っていないのかと。

 

こんな動画をみたら、絶対海外で働きたくなるに決まっています笑

英語の勉強やUSCPAの勉強へのモチベーションになりました。Chikaさんありがとうございました! Chikaさんの動画もぜひご覧ください。

 



月額5,980円で英語力がぐんぐん伸びるDMM英会話!


TOEIC975 取った僕もこれでスピーキング、リスニング力 格段に上がりました。


今なら体験授業が2回無料です!



僕が選んだ米国公認会計士講座はコチラ。資料請求してみてね!

資格の大原米国公認会計士講座
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です