uscpa

米国公認会計士(USCPA)試験で挫折しない方法

woman uscpa challenge 挫折しない方法

こんにちは、きびなごです。

先日、資格の大原にて、米国公認会計士講座の説明会を受けてきました。

そこで目にしたのがめちゃくちゃ分厚い教科書たち。

FARの教科書なんて、今まで見た中で1番分厚い教科書でした。想像を絶しました。

なので、USCPA目指すに当たって、絶対に心が折れるときがくる、と思って、事前にその対処法を考えることにしました。

USCPAテキストを100%理解しなくて良い

bull dog not being perfect

まずめちゃくちゃ大切なのが、100%理解しなくて良いということ。

これは大原の講師の方も、オーストリアで働く米国公認会計士ホルダーのATSUEIGOさんも言っていたことでした。

USCPAの試験の合格ラインは70。つまり、1つ1つの単元を100%理解する必要って実はなくて、なんなら70%理解していれば合格圏内になるんですよね。単純に言うと。

だから、テキストで分からなくて躓いて、何時間も何日もその部分に費やすのではなく、次に進む。そして、テキストを一通り終わらすことが最も大切であるとおっしゃってました。

難しい、分からないっていう論点は、後から見返してみると、意外とわかったりするものですよね。なので、まずは ぱーっとテキスト終わらせちゃいましょう。

 

FARこそが最大の敵

karate woman enemy fight

まぁUSCPAのテキストをぱーっと終わらせるといってもそれ自体が大変に思うときも必ず来ると思うんです。

特に最初に学習するFARのテキストの分厚さといったら、絶句するレベルでしたし、なんなら大原のテキストは全て英語だったので、結構 心配になりました。

でも、逆に考えるとテキストのボリュームが1番多いのってFARで、それが終わってしまえば、1番の量的な山を越したことになるのではないでしょうか。

モチベーション的な面でも、後の3教科はFARの有効期限が切れる前までに合格しなきゃいけないというプレッシャーからやる気が増すけど、最初の科目であるFARはそんなプレッシャーもない。

だからこそ、FARは、米国公認会計士試験において1番挫折しやすい教科だと思います。

FARが精神的に、量的に1番辛い教科であると理解しておくことが挫折を防ぐことに繋がります。

 

③米国公認会計士はやれば受かる試験

woman study laptop coffee uscpa

USCPA合格者に聞いてみても、「米国公認会計士はやれば受かる試験」ということを良く耳にします。

例えば、税理士試験とかって、競争試験で上位何%に入らなきゃいけない。

でも米国公認会計士は先程も述べた通り、70点取れば受かる試験。

他者との戦いではなく、自分との戦いなのです。だから、勉強すれば必ず受かる。勉強したら必ず結果が出る試験です。

そう考えると、挫折なんかしてる場合じゃない。やるしかない。って気持ちになりませんか。

 

④USCPA取得の目的を明確化する

woman fireworks forest ideal

 

最後に、自分が何故 米国公認会計士を目指すのか。その目的を明確化しておくと挫折を予防することができます。

僕の場合は、何としても海外で働きたい、っていうのが根本にあって。

USCPAを持っていれば、海外での転職に有利だろうし、永住権も取れる可能性が高まるので、僕の人生においてこの米国公認会計士という資格は必要不可欠なものなのです。

いわば、米国公認会計士は僕にとって『海外で働けるパスポート』なのです。

人それぞれ、USCPAを目指す目的は違うと思いますし、熱量も違うと思います。

給料アップのため、海外で働きたいから、憧れている人が米国公認会計士だから、誰かを見返したい。

なんでも良いので挫折しないように、しっかりとその志を心に刻みましょう。

 

⑤USCPAの勉強仲間を持つ

uscpa meetup study group colleague

 

これまで挙げてきたものはあくまでも自分の考え方、セルフモチベーションを上げる方法です。

でも、やっぱり挫折の2文字が頭をよぎる時って、自分ではどうにもならない時があります。

そんな時は、同じ志を持つ仲間に頼りましょう

例えば、税理士試験とかの競争試験なら同じ教室にいる生徒は皆ライバルです。でも米国公認会計士は競争試験じゃないから、教室にいるみんなが仲間です。

通学コースなら、周りの人にぜひ声をかけてみて下さい。何故USCPAを目指しているのか。どんな勉強法で勉強しているのか。みんな情報共有したいはずです。少なくとも、僕はしたい。

通信コースでも、例えばTwitterだったり、勉強会に参加するなり、現代のツールを使えば、割と簡単に仲間が見つかるはずです。

ちなみに、僕のTwitterはこれ。

きびなご (@kibinag0_blog)

僕は通信コースだから、ぜひ絡んでください。色々情報共有しましょう。

大原、TAC、アビタス、プロアクティブ。違うスクールの仲間と教材見せ合ったり、情報交換するのも楽しそうですよね。

こんな感じで、挫折しそうになったら、各予備校が開催しているオフ会とかにも行ってみる価値は大アリです。

 

USCPAで挫折しないために まとめ

歩き出し スタート 少女 USCPA

米国公認会計士

・テキストが分厚い
4教科もある
・英語と会計の組み合わせ
・英語で税金とかも習う
1年~2年くらい勉強しなきゃいけない

こんな感じで挫折の要素がたくさんあります。

僕も挫折間際までいく自信があります。でもやっぱり、高いお金も払ってるし、何よりUSCPA取ると将来が明るいと思うのです。

だから、挫折しそうになる度に、ぜひこの記事に戻ってきてください。あなたと同じように挫折しかけても、どうにかしがみついて、頑張って、今日も勉強を進めている人がいるのです。

もうちょっとだけ、将来の自分のために、もう少しだけ一緒に頑張りませんか



月額5,980円で英語力がぐんぐん伸びるDMM英会話!


TOEIC975 取った僕もこれでスピーキング、リスニング力 格段に上がりました。


今なら体験授業が2回無料です!



僕が選んだ米国公認会計士講座はコチラ。資料請求してみてね!

資格の大原米国公認会計士講座
RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です